FC2ブログ


スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


------------------------------------------------------------------------
ランキング参加中!応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ   人気ブログランキングへ

ワンクリックで足跡を残せます。
おきてがみ
------------------------------------------------------------------------

大人になれば・・・

2009 08 06
今でこそほとんど好き嫌い無く何でもおいしく食べられます。
(実際、減量を決意しているくらいですから
嫌いな食べ物は?と聞かれてもすぐに「これ!」と言えません。

CIMG5621-1.jpg

生椎茸 うまそうですね

実は椎茸をうまいと思えるようになったのは3年前でした。
典型的な食わず嫌いで、今にして思えばこれまで随分損をしてきたな。
こんなうまいものがどうして嫌いだったんだろう。

椎茸を食べられなくなったのは小学校の理科の実験がきっかけです。
椎茸の菌を観察する授業で、黒い紙の上に並んだ菌を見て鳥肌が立って以来、
食べられなくなりました。
当時は普通の子供らしく、にんじん、ピーマン、臭いから嫌い、と言う程度で
その後段々食べるようになっていきましたが、
椎茸だけはそんな理由でずーっと手が出ませんでした。

食事の行儀が厳しい実家でしたが、食べ物の好き嫌いには
あまりうるさく言われた記憶がありません。
甘やかされていたのではなく、家長である父親の主義で、
「嫌ならよせ。まずけりゃ食うな」
出されたものを黙って食え、と言う意味で
どうしてもダメならおかずなしで食べなさい、という事なんです。
実際御飯と味噌汁だけだった事がありました。
椎茸を食べなくてもあまり言われた記憶はないし、
強く言われなくて良かったのかも知れません。

そうして月日は経ち、セカンドバースデイを迎える訳ですが、
きっかけは家人の作った煮物。

その中に程よく煮込まれた椎茸の姿が。

彼女がうまそうに食べてるのを見て、
ひと口食べた時から「大人」になったわけです。

きっとうまいと思えるタイミングだったんでしょうね。
何かのきっかけでスイッチが切り替わる。
食べ物に限らず、そういうポイントがあるようです。

切り替えてくれた家人に感謝。




------------------------------------------------------------------------
ランキング参加中!応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ   人気ブログランキングへ

ワンクリックで足跡を残せます。
おきてがみ
------------------------------------------------------------------------

Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。